幼稚園児のお弁当づくり

子供が今年から幼稚園に通うようになりました。
一番の心配ごとであり、手間でもある、お弁当作りがスタートしました。
最近はキャラ弁の本なども売り出され、お弁当に命をかけているのではないかと思うほど豪華というか、可愛い、変わったお弁当を作るお母さんがたもいるようで、本当に頭が下がります。
私が実際にお弁当を作る際、まず幼稚園から言われていたのが
「最初のうちはお子さんの好きなものを中心に、食べきれる量にしてください」
ということでした。
これは子供自身が幼稚園やお弁当に慣れていないこともあり、食べられたという自信をつけるためにするもので、たいていどこの幼稚園もそうだと思います。
幸いうちの子は特に好き嫌いもなく、何でも良く食べるので、最初からお弁当は完食してきましたので、この点はあまり心配してはいませんでした。
幼稚園に通いだして3週間ほどたったころから本格的にお弁当が始まります。
そぼろをハート型にしたり、卵焼きをハートの形にしてみたり、ウインナーでお花や動物を作ってみたり、最初のうちはそんな小さな工夫でしたが、だんだん作る側も慣れてきて、おにぎりに海苔で顔を書いてみたり、色つきのご飯でクマを作ってみたり、そういう工夫がだんだんと楽しくなってくるのです。
ネットのブログにもお弁当を毎日アップしている人もいますし、mixiにもお弁当のコミュニティがあり、私もよく参考にしているのですが、季節や行事ごとにみんな本当にいろいろ工夫して作っていて、すごいなあと思います。
私が一番すごいと思ったのは、子供の好きなスーパー戦隊のお弁当を作っている人で、5人のヒーローそれぞれの色を工夫して、しかもグロテスクにならず美味しそうに仕上げているのが素晴らしいと思いました。
子供が食べるのは多分一瞬なのでしょうが、でもやっぱり子供のためだと思うと、母親としては頑張れるのでしょう。
これからもいろいろ研究しつつ、美味しくてかわいいお弁当を作っていきたいと思います。

none